Deep Deep Deep Deep

Cautious Clay
の奥深さ

"音楽を始めてからは、常に感情を吹き込んでいるんだ。"とJoshua Karpehは語ります。ブルックリンを拠点とする歌手、プロデューサー、そして数々の楽器を操る、Cautious Clayとして知られています。そんな彼の奥深い詩のような歌詞は絶賛され、Cautious Clayは自身の出来事を詩に反映させるを前向きに行っています。

もっと見る もっと見る
Cautious Clayは幼い頃、アラジンのディズニークラシックの楽器の一つであるフルートを見たことで影響を受けました。母親のサポートもあり、プロのフルート奏者Greg Pattilloのレッスンを受け始めます。GregはYoutube上でビートボクシング式に演奏をし、天才と呼ぶ人もいるほどです。2人は型破りの音楽様式への情熱から絆を生み出し、Clayは音楽を詠むのではなく、音符を耳にし即興するようになります。音楽を学び続け、サックスといった異なる楽器を演奏すると同時にプロデュース業にも携わるようになっていきました。SoundCloudで作品をシェアし始めるとBillie Eilishの"Ocean Eyes"をリミックスした作品が彼女本人の目に留まって以来、ClayはセルフリリースのEP盤とライブショーを行う事でファンで賑わう拠点を作り上げたのです。

“それはトラウマになる出来事だったよ。”

Cautious ClayはLenny Kravitzのカバーを披露した時が初めて人を前にして歌った時と語ります。
動画を見る
インタビュー全編を見る

“ジーザス・オブ・サバービア”

Cautious Clayは大好きだったことはあまり認めたくないアーティストといった、初期の頃の音楽の影響に関して語ります。
動画を見る
インタビュー全編を見る

“アメリカ中西部が創造力に影響を与えたんだ。”

Cautious Clayは自身の個性を育んだメジャーな文化拠点から離れる事に関して話します。
動画を見る
インタビュー全編を見る

Subscribe | ITUNES | SPOTIFY | YOUTUBE

Skullcandy Logo icon-user icon-user-logged-in icon-cart icon-search Email Us icon-br icon-ca icon-de icon-es icon-fr icon-eu icon-in icon-jp icon-mx icon-uk icon-us Play Video